«  2022年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2022年8月 3日



 


こんにちは。院長の柳谷です。

日本の夏といえば

やはりお祭りや花火といった風物詩ですね。


 


その花火が、

実はヨーロッパ生まれということは

ご存じでしょうか?


 


中国で発明された火薬がヨーロッパに渡り、

来日していた英国人によって徳川家康に披露された、

というのが、日本における花火の発祥のようです。


 


日本の風物詩というイメージが強い花火ですが、

その生まれが海外というのは少し意外かもしれませんね。


 

 


ところで、「歯の治療に関する意外」 といえば

「痛い!と思っていた歯が実は別の歯だった」

ということが珍しくありません。


 

 


「自分の身体のことは

自分が一番よくわかる」


 


と言う方もいらっしゃいますが、

実は人間の身体は勘違いを起こしやすいのです。


 

 


では、なぜそうした「勘違い」を

起こしてしまうのでしょうか?


 

 

 

 


◆「歯の痛み」の通り道『三叉神経』


 


「歯の痛み」を脳に伝える役割は、

顔の左右にある

『三叉神経(さんさしんけい)』

という「脳神経」が担っています。


 



 

 


脳から伸びた三叉神経は、

おでこから頬、あごのあたりまで、

大きく分けて3つのエリアに分かれて繋がっており、



顔に「どんなものが触れた」か、

それが「冷たい」か「温かい」か、


といった、

「顔の感覚」を脳に伝える働き

をしています。


 

 


そして、この三叉神経はお口の中にも繋がっているため、

歯の痛みもこの神経を通じて脳に届きます。


 

 

 

 


◆間違えやすいワケ


 


とある実験では、歯に触れて

「いま、どの歯に触れたか」

という質問をしてみたところ、

奥歯に近づくにつれて正解率が下がった、

という結果があります。


 

 


これは、お口などに繋がっている三叉神経が、

脳に近づくにつれて一本の神経になるためです。


 

 


「痛み」をはじめ、「歯に生じた感覚」は信号となり、

三叉神経を通して脳まで伝わります。


 


しかし、

その『信号』が

『脳に続く一本道』に到達した際、




「お口の辺り」から来たのはわかるけど、

細かい場所までは覚えていない状態


になってしまうことがあります。



これが、『痛みの勘違いの正体』です。


 



 

 


「歯の痛みの勘違い」で特に多いのが、

痛いと思っていた隣の歯が原因だった」

というケースです。


 


また、隣り合った歯だけではなく、

「上の歯が痛いと思ったら下の歯が原因だった」

という場合や、さらには



「歯だと思ったら、鼻の炎症が原因だった」

「目の周りの神経が原因だった」など、

一見するとお口から遠い場所でも

痛みの勘違いが発生することもあります。


 

 


このように「痛みの原因の特定」

皆さんご自身では非常に困難なこともありますので、

何か痛みを感じたら早めに受診してください。


 



 

 

 

 


また、痛みの勘違いにより

「痛くないところを削られた!」

と思い込んでしまう方がまれにいらっしゃいますが

そのようなことは、まずあり得ません。


 

 


ご不安な場合は、遠慮せずにご質問いただければ

必ずお答えさせていただきます
ので、

いつでもお声がけください。


 

 


そして、日頃から検診などを受けて、

削らなくても済むように

歯を大切にしてくださいね!


 

 

 


やなぎだに歯科
〒663-8152 兵庫県西宮市甲子園町29−18 1F
TEL:0120-418-356
URL:http://www.yanagidani.com/
Googleマップ:https://g.page/r/CctbJ-wFiE4oEAE


« 2022年7月 | メイン

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
やなぎだに歯科 院長 柳谷種彦 やなぎだに歯科
http://www.yanagidani.com/
院長 柳谷種彦

当院はご家族皆さまで通っていただける、地域に根差した歯科医院を目指して平成17年に開業しました。当時の甲子園界隈は大手商業施設や住宅地がまさに誕生しようとする最中であり「地域密着型の歯科医院」という私の想いを実現するのに理想的な場所でした。

開業以来、おかげさまで近隣にお住まいの方々を中心に、ご家族皆さまで通える歯科医院としてお子さまからご高齢の方まで多くの患者さまに来院いただいています。これまでの歯科医院のような暗くて怖いイメージをできるだけ排除した「明るく、親しみやすい歯科医院」として、これからも皆さまの歯の健康をお守りいたします。