«  2021年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2021年11月 8日

 

こんにちは。院長の柳谷です。
11月23日は年内最後の祝日、
「勤労感謝の日」ですね。

 

文字からすると
「働く人に感謝する日」だと思われがちですが、
実はそれは少し違います。

 

 

この日は

勤労を尊び、
生産を祝い、
国民がたがいに感謝しあう日

つまり、
「『働くこと』そのものに感謝する日」なんですね。

 

 

今年最後の祝日を、
日頃がんばっているご家族や自分へのご褒美として
ゆっくり過ごしてみるのはいかがでしょうか。

 

 

 

さて、そんな「勤労」といえば、
近ごろは男女関係なく仕事をしている人が多く、
なかには、妊娠中でも働くお母さんもいらっしゃいます。

 

 

しかし、妊娠中の身体には様々な変化が起こるため、
今までのようにいかないこともたくさんあります。

 

そしてそれはお口の中でも同じ。

 

皆さんも、
「妊婦さんは、むし歯や歯周病になりやすい」
といった話を聞いたことはないでしょうか?

 

 

今回はそんな妊娠中に増える、
お口のトラブルについてご紹介します。

 

 

 

◆妊娠中はお口のトラブルの悪循環に注意!!

 

妊娠すると女性ホルモンが増加します。
実は、歯周病を引き起こす歯周病菌の中には
「女性ホルモンによって活発化」するものがあり、
歯周病のリスクが増大します。

 

すると、歯ぐきに腫れ出血がみられるようになり
さらに、お口の中がネバネバするなど
不快な状態になることが少なくありません。

 

 

また、ホルモンバランスが乱れると
「妊娠性エプーリス」という病気になり
歯ぐきに「できもの」ができることもあります。

 

 

 

これらはいずれも、
「痛み」「出血」を伴うため、
歯みがきしづらくなります。

 

すると、
お口の細菌がどんどん増えることになり、
歯周病がさらに進行して、
もっと腫れや出血がひどくなる...。

 

こうした悪循環になってしまうのです。

 

もちろん、細菌が増えれば歯周病だけでなく
むし歯の危険性も高まります。

 

 

 

 

◆母体だけじゃない!
歯周病は赤ちゃんにも影響が...

 

さらに、歯周病はお口の中のトラブルに留まらず、
赤ちゃんにも影響を及ぼします。

 

歯周病はお口の中だけでなく、血管内に細菌が入り込んで
全身に影響を及ぼします。

 

実は、妊娠中に歯周病になると
「低体重児・早産のリスク」が高くなる
ということが明らかになっているのです。

 

 

 

 

日々の歯みがきは、歯周病予防の基本!

 

ですが、
妊娠中はつわりがひどいと
歯みがきが難しいこともあります。

 

 

そんな時は、
・歯みがき粉の味を変える
・洗口液を使う

それも難しければ、
うがいをするだけでもいいので、
お腹の赤ちゃんを守るためにも
お口を可能な限り清潔に保つように
心がけてみてください。

 

 

 

 

 

◆妊娠中でも治療はできる?

 

妊娠中の歯科治療というと、
赤ちゃんへの影響を気にして
治療をためらうお母さんもいらっしゃいます。

 

しかし、病気を放置していると
お母さんのストレスが増えたり、
低体重児・早産のリスクが高まったりして、
かえって悪影響を与えることも。

 

そのため、しっかり治療するほうが
赤ちゃんにとってもお母さんにとっても、
確実にメリットがあります。

 

 

安定期に入れば、
ほとんどの治療を受けていただくことができますし、
麻酔やレントゲンなども
胎児にほぼ影響はありません。

 

 

 

また、安心してお産に臨めるよう、
妊娠初期と安定期には
歯科検診を受けましょう。

 

 

心配事などのストレスは溜め込まないように、
気になることがあればいつでもご質問ください。

 

 



やなぎだに歯科
〒663-8152 兵庫県西宮市甲子園町29−18 1F
TEL:0120-418-356
URL:http://www.yanagidani.com/
Googleマップ:https://g.page/r/CctbJ-wFiE4oEAE

2021年10月 6日



 


こんにちは。院長の柳谷です。


10月31日は

毎年この時期になると色々なお店で

ハロウィンの飾り付けやお菓子、

仮装グッズなどが並び始めます。


 


かわいらしいオバケやカボチャから、

ちょっとリアルで迫力のある

吸血鬼やゾンビ、ガイコツの衣装まで様々。


 


見ているだけでも楽しげで賑やかな雰囲気が

伝わってくるような気がしますね。


 

 


ちなみに、当院では頻繁に

「ガイコツ」ならぬ

「骨」が目撃されます...


 


...といっても、

心霊現象でもなんでもなく、

レントゲン撮影のこと!


 


今回は、そんなレントゲン撮影で

私たちが「一体どんなことを診ているのか」を

ご紹介していきたいと思います。


 

 

 


◆見た目よりも実は深い?!

むし歯の大きさがよく分かる


 


むし歯治療は進行具合によって

治療方法などが大きく変わるもの。


 


ほんの小さな黒い点にしか見えないむし歯や、

一見何も問題がなさそうに見える歯であっても、

実は歯の中でむし歯が大きく広がっていることがあります。


 


肉眼で直接見ることのできない部分も、

レントゲン撮影ならしっかり調べられるので、

適切な治療を行うためにとても役立つのです。


 

 


他にも、

見つけることが難しい歯と歯の間のむし歯や、

「かぶせもの」の下にできたむし歯

レントゲンでは見つけることができます。


 



 

 


むし歯の見逃しをなくすことで、

早期治療につなげることができるのです。


 

 

 

 


◆知らない間に溶けている?!

歯ぐきの下の「骨」まで見える


 


歯は、歯ぐきの中の骨に支えられていますが、

歯周病が進むとその骨が溶けて

歯を支えられなくなり、

いずれ歯が抜ける原因に...。


 



 

 


歯周病は自覚症状が少ないため

ご自身ではなかなか気づくことがありません。


 


ですが、そんな歯周病も、

歯科医院で検査を受けていただければ

見つけることができます。


 


さらに、レントゲン撮影では歯ぐきの中など、

目に見えない部分も確認することができます。


 


歯周病による悪影響がどの程度まで及んでいるか

より詳しく把握して、

治療に役立てることができるのです。


 

 

 

 


◆隠れている歯も丸わかり!

これから生える歯の状態をチェック!


 


まだ生えてきていない永久歯がどういった状態か

といったことや、

歯ぐきの中に隠れた親知らずの有無も

レントゲンでチェックできます。


 

 


特にお子さまの場合、

まだ姿の見えない歯が

「どのような向きになっているか」
を知ることで、

周りの歯に悪い影響を与えないかなどを予測し、

今後の治療計画に役立てることができるのです。


 

 

 


◆思いがけず○○を発見...!

歯に関係なくてもしっかり確認


 

 


歯の治療のために撮影したレントゲンで、

患者さん自身に全く自覚がなかった

腫瘍などを発見する


というケースもあります。


 


私たち歯科で治療ができないものだとしても、

治療に適した外部の医療機関を紹介するなど

しっかりと対応させていただきますので、
ご安心ください。


 



 

 

 

 


このように、見た目だけでは分からない情報を

細かく伝えてくれるレントゲン。


 


レントゲンから得られる情報は、

正確な診断・治療につながり、

治療を早く終わらせることにもつながります。


 


ご不安なことや、分からないことがあれば

いつでもお気兼ねなくご相談ください。


 


これからも皆さんが安心できる治療を

心がけていきます!


 

 


やなぎだに歯科
〒663-8152 兵庫県西宮市甲子園町29−18 1F
TEL:0120-418-356
URL:http://www.yanagidani.com/
Googleマップ:https://g.page/r/CctbJ-wFiE4oEAE

2021年9月 7日

SDN_2109_001_a083121.jpg

こんにちは。院長の柳谷です。

暑い夏が終わるとやってくる食欲の秋。

ぶどう、マツタケ、栗、サンマと

秋は収穫を迎える食材も多く

食べものがおいしい季節でもありますね!


 


ですが、

 


そんな「秋の味覚」を楽しめなくなるかもしれない

『悪習慣』があります。



 

やなぎだに歯科
〒663-8152 兵庫県西宮市甲子園町29−18 1F
TEL:0120-418-356
URL:http://www.yanagidani.com/
Googleマップ:https://g.page/r/CctbJ-wFiE4oEAE

2019年3月22日

平成31年3月27日(水曜日)から4月1日(月曜日)までの間スタッフの研修の為、臨時休診させて頂きます。

4月2日(火曜日)より通常通りの診療となります。

なお、4月4日(木曜日)は振替で17時まで診療させて頂きます。

ご迷惑をお掛けしますが御了承下さい。

2015年6月23日

平成27年6月24日(水曜日)はスタッフ研修のため、午後は休診となります。

午前診は通常通りです。

2015年5月 2日

やなぎだに歯科、院長の柳谷です。

いよいよ今年も大型連休の開始間近になりました。
既に長期休暇に入られている方もおられると思いますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

当医院は例年通り、基本は暦通りの診療となっておりますが

5月3日(日)~5月7日(木)  

休診日とさせていただきます。

皆様にはご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願い致します。

2015年3月 4日

西宮市・甲子園のやなぎだに歯科、院長の柳谷です。

おかげさまで平成27年5月をもって開院10年を迎えるにあたり、昨年末にホームページを全面改装致しました。
併せてスマホサイトも新設させて頂きましたのでご参考にしていただければ幸いです。

以後、微小ながらも当医院の取り組み等を情報発信していけたらとスタッフと共に考えておりますので、宜しくお願い致します。

2014年12月25日

やなぎだに歯科がホームページリニューアルに伴い、医院ブログを新設しました。
これからもどうぞよろしくお願いします。

公式ホームページもぜひご覧ください!
http://www.yanagidani.com/

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
やなぎだに歯科 院長 柳谷種彦 やなぎだに歯科
http://www.yanagidani.com/
院長 柳谷種彦

当院はご家族皆さまで通っていただける、地域に根差した歯科医院を目指して平成17年に開業しました。当時の甲子園界隈は大手商業施設や住宅地がまさに誕生しようとする最中であり「地域密着型の歯科医院」という私の想いを実現するのに理想的な場所でした。

開業以来、おかげさまで近隣にお住まいの方々を中心に、ご家族皆さまで通える歯科医院としてお子さまからご高齢の方まで多くの患者さまに来院いただいています。これまでの歯科医院のような暗くて怖いイメージをできるだけ排除した「明るく、親しみやすい歯科医院」として、これからも皆さまの歯の健康をお守りいたします。